×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


スタンバイ

君を助けるためのスタンバイフェイズ。
イラストはピアプロより、
モナコムさん画「通りません」をお借りしました!
今まで私のへぼい絵だったので、素敵な絵をお借りできてとっても嬉しいです。
背景になっているのですが・・・ふつくしい!


いつものように物語制の曲になっております。
いじめにあっている「君」と幼馴染の「僕」の登校シーンが曲になっております。
自分がいじめにあっていることを言い出せずに溜め込んでしまう「君」と、
その事に薄々気づいている「僕」。
「僕」はだんだん怖くなり、「君」が目の前から消えてしまうのではないか・・・
と思うようになります。
それが1番のBメロ〜サビに表れています。
この部分は「僕」のみている夢になるのですが、
「違う世界にトリップしてみようか」 これは夢の中で「君」が言った言葉です。
「君」は自殺をほのめかしています。
次の 君の表情(かお)が、どうして、今、見えなかった も
「君」が自殺するのを表している言葉です。
どこからこんな説が出ているのかわかりませんが、
死ぬ前の人の表情は見えなくなるという説を耳にしたことがあり、
そこから引用しました。

2番からは夢でなく現実世界についての歌詞になっています。
2番Bメロの情景に、「僕」は1番でみた悪夢が
正夢になるのではと焦りだします。
四の五の言ってる場合じゃねえ!何が何でも助けてやる! という勢いで最後まで歌詞が続いています。

実は、最後の だから僕の隣で列車が来るまであくびでもしてて、ね の、ね の後に☆をつけるかつけまいかでかなり迷いました。
ね☆ ちゃめっ気が出ていてかわいいですよね^^
うーん・・・どうしたものかと悩んで悩んで、
最終兵器妹にどっちがいいかね?と聞いてみました。
妹「うん、どってでもいいよ」
・・・はい、そうですね。
じゃあ☆は取ります。
こうして星は流れ星となり、どこかへ飛んでゆくのでありました。
☆=ぴゅーん