×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


神様の散歩道

お盆の雰囲気にあわせてつくった曲です。
3拍子の曲は「Triple travel」のような落ち着いた曲しかなかったので、
お盆なのにギター3拍子、ギャップがいいじゃあないか!という勢いから出来ました。


私のつくる曲は、物語形式の歌詞が多いですが
この曲も物語形式になっています。

お盆で帰省した兄弟は、近くの神社へ遊びに行きます。
そこで兄は昔よく遊んだのに、いつの間にかいなくなってしまった
友だちの事を思い出します。
同時に弟はひとりの少女に出会います。
その少女こそ、かつての兄の遊び相手で神様なのであった・・・

という具合に物語が進んでいきます。
登場人物は「僕」「君」「神様」となっていますが、
それぞれ、「僕」=兄、「君」=弟、「神様」=神様(少女)という具合です。
兄視点の歌詞になっているので、「神様」は「きみ」や「あの子」等呼び方が様々なのです。
存在しているけど兄には見えない、けど弟には見えている。
神様が兄の目に映らなくなってしまった経過、
兄は見えていないが神様を信じているという風景が伝えられるように歌詞をつくりました。

ちなみに、2番サビの 下駄の鼻緒切れて君を負ぶる ですが、
夕涼みの散歩中に、神様がいたずらして弟が履いていた下駄の鼻緒を切ってしまい、
仕方なく、兄が弟をおんぶした。
という背景があります。

PVは歌詞と関連のある絵を縦スクロールで流す
といいうのを考えていましたが、
私の体力、画力不足から1枚絵になりました。
また時間があれば縦スクロールPVに挑戦したいです^^