×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


アナザー・ディアレスト

第21作目、お化けと友だちになった僕のおはなしです。
この曲は「アイデンティティ・クライシス」の裏版としてつくりました!
「アイデンティティ・クライシス」での君がこの曲で僕となっています。
それでは解説に参ります!


アナザー・ディアレスト

君の手、僕を透過して ←はじめて僕がお化けに会ったときのことです
黙る、黙る、非力思考回路 ←びっくりして頭が真っ白になっている僕です
驚いた瞳はまんまるで
揺らぐ、揺らぐ、常識世界観
もしかしてこれは幻?
違う、違う、右脳はわかってた ←右脳は五感を司る動物的な脳らしいです
君は人間じゃなかったけど
何故か、僕は恐くなかったんだ

退屈混じりの4限目
黒板の文字はやけに達筆で ←字がうますぎて読めない先生とかたまーにいますよね!^^
ぼやける視界端の
優等生の彼は今日も欠席で ←「Triple travel」のお兄さんだったりします。妹の看病で病院通い
さよなら、さよなら、さよなら
帰りの会を始めましょうか
さよなら、さよなら、さよなら、さよなら

アナザー・ディアレストはお星様 ←アナザー・ディアレストは君を指しています
冴えない僕の道標(一難去ってさ、また一難)
帰り道がわからないの?
僕と一緒に探そうか ←はじめは君の為にただ協力的で一生懸命な僕です

気難しそうな顔して
悩む、悩む、君を横で見てた ←お化けは記憶がないのを悩んでいます
「自分の名がわからない」と
語る、語る、君を横で見てた
思い出したらどうなるの?
廻る、廻る、左脳はわかってた ←左脳は思考などを司る人間的な脳らしいです
君が消えてしまうのが
僕は、僕は何より怖かったよ ←お化けが成仏して目の前からいなくなるのが怖くなる僕です

眠たい瞼の5限目 ←1番とは別の日です
はやく帰ってゲームでもしたいな
うつろう視界端の
優等生の彼は今日も青い目で ←妹が元気になったので学校に通えるようになった兄さん
さよなら、さよなら、さよなら
帰りの会を始めましょうか
さよなら、さよなら、さよなら、さよなら

アナザー・ディアレストは王子様 
王様には成りきれず(魔法と罠解き、駆使してもなお) ←お化けがまだまだ未熟なことを指しています
遠くで君との「さよなら」が
手招いてる気がしたんだ ←だんだん記憶を戻していくお化けとの別れを恐れている僕です

時間が経つほどパズルは
完成品に近づいていくけど ←お化けの記憶のことです
無力な僕はまだ、
君がいなきゃ駄目な奴でして
何にも出来ないお化けと
いうのは寧ろ僕の方なんだよ ←「アイデンティティ・クライシス」でのお化けの発言に対しての僕の発言
願いを叶えて、王様、王様

アナザー・ディアレスト僕は考えた
君が闇に堕ちるなら(目を覚まして、僕は此処だよ)
命を盾に呼び戻すよ ←お化けが間違った方向に進んだとしても自分を身代わりに連れ戻すという僕の意気込み
僕は逃げも隠れもしない

アナザー・ディアレスト僕は叫んでた
僕の記憶をあげるから(耳を澄まして、僕は此処だよ) ←こんなものじゃお化けには不十分だと思うけどそれ位お化けに消えて欲しくない僕です
最初で最後のお願いだ
僕は、まだ君と遊んでいたい
僕は、まだ君と遊んでいたい


歌詞は所々「アイデンティティ・クライシス」とリンクさせました。
是非探してみてください^^

絵はGUMIさん大量発生です!
パッケージ見ながら公式ポーズをとらせてみたりしました(*´∀`*)
「Triple travel」の兄妹も出してみました!
探してみてください!^^





戻る